電動モビリティへの取り組み

地球の未来を守るためには、車においてもエネルギーの見直しが必要です。そして世界規模でその開発が進められています。ササキ石油販売でも地域の未来のため事業として取り組み、その一環としてEV(電気自動車)のレンタルを始めました。

2022年7月からは奥入瀬渓流のガイドバスに採用され、美しい自然の保全に一役かっております。

レンタルに関しましては、法人契約もしくはマンスリー契約に限定させていただいておりますので、詳しい内容を知りたい方は当社までお問い合わせください。

タジマ・ジャイアン

超小型モビリティ(EV)

KOKI

3輪EV(側車付軽2輪)

NAO

多目的小型電動モビリティ

北国型コンバートEV

北国型コンバートEVプロトタイプ制作プロジェクト(事業委託者:NPO法人CROSS)

「北国でもしっかり走る電気自動車」をコンセプトに、ササキ石油販売が開発事業を委託。タジマモーターコーポレーションとの開発協力により“エンジン→電気モーターへの改造電気自動車”を制作しました。

ベース車にMT4WDを選定しミッションをそのまま活用。冬道に強く乾燥路でも走り易いパートタイム4WDを実現しました。

ベース車の暖房回路に灯油(軽油)ヒーターを接続。暖房及び窓のデフロストにパワフルな熱供給を実現しました。冬期間の電気消費増による走行距離減少を大幅に解消しました。

スズキエブリィ DA62V-390893
初年度登録 平成15年
モーター出力 37kM
航続可能距離 130km(目安)
充電方式 200V普通充電

私達が作ったコンバートEVは、あえて古い車両を改造することにより愛車を蘇らせ価値を高め、環境保全と暮らしに貢献することを目的としています。

TOP