太陽光発電のしくみ

太陽光発電はシンプルな3つの機器で、効率よく電気をつくります。

太陽光発電は、シリコン半導体の光電効果※1を利用した、太陽の光エネルギーを直接電気エネルギーに変換するしくみです。太陽電池モジュールで作られた電気をパワーコンディショナで変換して家庭で利用できる電気にし、さまざまな家電製品に使用します。


太陽電池モジュール
屋根等に取り付け、太陽光で直流電力を発生させます。

接続箱
太陽電池モジュールで発生した直流電力を集め、パワーコンディショナに供給します。

パワーコンディショナ
家庭内で利用できるように、直流電力を交流電力に効率よく変換します。

毎日の発電状況を画面で確認。ご使用の際にはACアダプターや送信ユニットなどが必要です。

自動運転だから、日常操作は不要です。※2

電力発生、売電、買電すべてにおいて自動的に運転しますので、操作等の手間はかかりません。太陽電池の表面は強化ガラスで覆われており耐久性に優れています。

災害等による、昼間の停電時でも電気が使えます。※3

万が一の災害時でも、太陽光さえあれば、自立運転機能により、専用コンセントを用いて電気製品(最大1.5kVA)が使用できます。

※1:シリコンなどの物質に光を当てると電子が飛び出して電気が流れる現象。
※2:安全に長期にわたりご使用いただくために、4年に1度の点検をお勧めいたします。
※3:システムに損傷のない場合に限ります。日射量により変動いたします。一部の機器には使用できないこともあります。