太陽光発電のメリット

太陽光発電を設置すると、地球温暖化の一因とされているCO2の排出量が減らせます。

4.2kWシステムの場合、大阪市の年間予測発電量は4,909kWh※2となり、CO2の排出削減量※3は年間約1,544kg-CO2に。これは平均的な一世帯の家庭から排出される温室効果ガス(約5,200kg-CO2※4)の約30%が削減できることになります。また、同時に電気代の大幅な節約も期待できます。

例えば4.2kWシステムを設置すると、(大阪市 真南設置/設置角度30度の場合)

オール電化にすると光熱費が大幅に節約できます。

オール電化と太陽光発電を組み合わせると、発電した電気をさらに有効に使え、大幅な光熱費の削減が期待できます。

昼間に発電して余った電気は売ることができます。

日中、発電した電力を自宅の電灯や電気製品に使うほか、余った電気は電力会社に売却することができます。もちろん、夜間や悪天候時には通常通り電力会社から電気を購入します。

※1:CO2削減率(%)=CO2 削減量(kg-CO2)÷5,200(kg-CO2)
※2:当社発電量シミュレーションによる
※3:CO2の発生量は、太陽電池生産時に発生するCO2の発生量(0.0455kg-CO2/kWh)を加味し、0.3145kg-CO2/kWhで試算。
※4:日本の平均的な1世帯から出る温室効果ガス排出量は年間約5,200kg-CO2 (財団法人 日本環境協会内 全国地球温暖化防止活動推進センター 資料より)
※5:火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227Lとして計算
※6:電気+都市ガス併用との比較。(太陽光発電システム 4.2kW 真南設置・設置角度30度) 発電量の売電と自家消費の比率は50:50とする