太陽光発電 Q&A

 気温が高いと発電しにくいってホント?
 一般的な太陽光電池(結晶系シリコンなど)は、気温が高くなると発電量が少なくなる性質を持っています。ですがSANYOのHIT太陽電池(アモルファスシリコンと単結晶シリコンのハイブリッド構造)は、優れた温度特性によって夏場の高温時でもしっかり発電してくれます。
 曇り、雨、雪の日は、発電しない?
 少ないながらも発電します。ただし曇り日は晴天の1/3〜1/10、雨の日は晴天の1/5〜1/20ほどの発電量に。雪の日は、太陽電池モジュールに雪が積もった場合はほとんど発電は期待できません。
 変換効率って何?
 太陽電池が受けた、太陽の光エネルギーがどれだけ電気エネルギーに変換することができたかを示す値です。
 どのくらいの容量(kW)があれば、一般家庭(4人家族)の電気をまかなえる?
 生活形態により大きく異なるため一概にいえませんが、一般家庭が使用する平均年間消費電力量は約5,500kWhとされていますので、5kW相当の太陽電池を設置すれば、ほぼまかなうことが可能です。
※:(財)省エネルギーセンターHPデータ 総合エネルギー統計 平成15年度版(平成12年国勢調査ベース)
 設置するときの、おすすめの方位や角度は?
 日射量が最も多い南面が理想的です。東西面の場合は、南面の約85%の発電量となりますが、十分に使用できる方位です。傾斜角度は、緯度角がおすすめ(東京の場合30°〜35°程度)ですが、基本的に屋根勾配に大して水平に設置します。
 パワーコンディショナの運転音はうるさくない?
 運転時にわずかに音がします。パワーコンディショナは日中のみの運転なので、日中の騒音レベルを考えるとそれほど大きな音(約40〜50デシベル)ではないと考えます。ただし、人によっては気になる場合があるため、設置場所を考慮する必要があります。
 太陽電池は蓄電できる?
 太陽電池自体には蓄電能力はありません。
 日頃、点検は必要?
 日常点検としては、パワーコンディショナで発電量を確認するだけで十分ですが、長期にわたってご使用いただくために、4年に1度の点検(有償)をおすすめします。