地中熱ヒートポンプの特徴

【ヒートポンプ1台で給湯、暖房、冷房が可能です】

空調はエアコン、給湯はエコキュートと別々に設置する必要がなく、1台で給湯と空調が可能なシステムです。

【季節に関係なく、高効率に稼働します】

外気温に殆ど左右されないので、給湯はもとより夏期の冷房、冬期の暖房と空気熱利用ヒートポンプと比べてCOPの低下が無く、非常に高効率に稼働します。

【温水と冷水が同時に作れます】

工場などではお湯と冷水両方の需要がある場合がありますが、地中熱ヒートポンプは温水と冷水が同時に作れますので別々なシステムを構築する必要がなく、コストダウンと二酸化炭素排出削減に貢献します。

【地熱は恒久的な循環型エネルギー】

夏は大気の熱を地中に蓄熱(夏期)、冬は地中の熱を採熱=地中の冷却(冬期)を繰り返すので、季節間熱エネルギー交換が可能です。
化石燃料と違い、恒久的に再生可能なエネルギー利用システムです。

【一般家庭から工場などの大規模システムに対応します】

A.T.O.M地中熱利用ヒートポンプシステムは、一般家庭用から工場などの大規模システムに対応可能な能力を持った機種を揃えているので、様々なニーズに対応できます。