風レンズ風車システム紹介

風レンズ風車 システム図

系統連系タイプ WL5000(5kW)


商用電力と連係し、風車の発電量が少ない場合は、電力会社から電気を購入します。

独立タイプ WL3000(3kW)


風車の発電量が使用量よりも多い時はバッテリーへ蓄電し、使用量が発電量よりも多い時はバッテリーの電気を使います。

風レンズ風車 メカニズム

  1. レンズで発生する渦により、風車下流の気圧が低下します。
  2. 低い圧力の方へ風が吸い込まれ、ダクト内の風速が約1.4倍に増速します。
  3. 発電量は風速の3乗に比例するので、約3倍の出力が得られます。※同じブレードでの比較

風レンズ風車 標準セット

標準セットに含まれるもの

  • 風車本体・風車制御盤(ポール取付タイプ)
  • 標準コンクリートポール(白塗装はオプション)
価格:オープン価格

風車設置に必要なもの(都度御見積)

  • 設置工事(建柱・風車取付・電気工事等)
  • バッテリー(独立タイプのみ必要になります)
  • バッテリー収納箱(独立タイプのみ必要になります)